日本の美に捧げるオマージュ “真実のストーリー”

私は、美しい日本、美しい日本の女性、そして「その中でももっとも美しい女性」をくるおしいほど愛し、その美しさにオマージュを捧げるために最高峰のコスメティックシリーズを生み出したいと考えました。
それがエヴィドンス ドゥ ボーテです。
日本女性の所作を見つめ、秘密を発見することによって、私はその習慣を学んでいきました。
そして、まだ満たされない女性たちの美への願望について少しずつ知識を深めました。

この創造の哲学はオート クチュールのそれによく似ています。技術的にも芸術的にも完璧を目指すことです。
私は元々ファッションブランド「ジャンルイ シェレル」を長年にわたり指揮することで、オート クチュールの世界に身をおいていました。私はフランスの美と完全性を追求することを続けてきたのです。 
私は妻の美しさや日本女性のコスメティックに対する厳しい評価の姿勢からインスピレーションを受け、最高のコスメティックを追求しました。そして、洗練されたフランス人の「粋」や「誘惑」を受け継ぎました。
エヴィドンス ドゥ ボーテの製品シリーズは、一時的なトレンドの流行とは対極をなす理想的なアジアとヨーロッパの融合であり、意識的に純粋化されたコンセプトなのです。
私は本質に集中したいと考えました。貴重な成分の秘密、優しいテクスチャと官能的な香りの快感、製品の美しさ、手触りの心地よさ、そして、なによりも「確実な」成果です。