フランス

「サン・ポール・ド・ヴァンス」歴史の起源・故郷  

エヴィドンスの起源はシャルル エドワード バルトの出生の地と密接に結び付いています。
この深い関係はすべてのエヴィドンス製品に施されているバルト家の紋章にも表れています。
シャルル エドワード バルトのインスピレーション、価値観、信念は、強く情熱的な人格を
基にして築かれたものなのです。

13世紀のフランス南部にさかのぼるバルト家のルーツ。
ラグジュアリーな世界における15年の経験。
オート・クチュール・メゾン 「ジャン ルイ シェレル」の経営。
美しい中村江里子への愛。

「ロードゥラフー」美徳のエレメント・純粋の重要性

「ロードゥラフー」は、シャルル エドワード バルトが幼少時代を過ごしたヴァンスにある泉から汲み上げています。「ロードゥラフー」は、エヴィドンス ドゥ ボーテのさまざまな処方に不可欠なベースとなっています。

「ロードゥラフー」は軽い硬水で、数千年前から知られており、その驚くべき治癒力が評判でした。ネロの妻、ボッパエアやハドリアヌス皇帝の息子は「ロードゥラフー」のおかげで活力と健康を取り戻したといわれています。

天然ミネラルが豊富な「ロードゥラフー」は日本に輸出され、エヴィドンス ドゥ ボーテの処方が発揮する効能に大きく貢献しています。

「グラース」フランスの香水の創造性を生み出す土地

シャルル エドワード バルトは、エヴィドンス ドゥ ボーテのために特別なフレグランスを求めました。

そして、伝統的なフレグランスの技術で世界的に知られるグラースにおいて
女性の美のセレモニーを彩る唯一無比のフレグランスを見つけ出しました。

ローズ、ジャスミン、チュベローズ などのやさしい香りが、エヴィドンス ドゥ ボーテを表現するフレグランスです。