La Maison EviDenS de Beauté

住所:31 rue Boissière, 75116 Paris 電話:01-4359-1185 メール: lamaison@evidensdebeaute.com フランスと日本のエスプリを合わせ持つ高級コスメティックブランド、エヴィドンスドゥボーテは、日本のコスメティックに関する専門知識とフランスのエレガンスを理想的な形で融合、世界中の女性、男性のヘアケア、スキンケアのニーズに合わせて日本の化粧品・美容製品をお届けします。 創業10周年を記念して、エヴィドンスドゥボーテは顔と髪の美しさに磨きをかけるための最初のインスティチュート、メゾン エヴィドンスドゥボーテをフランスにオープンしました。パリの16区の中心街、パレ・ド・トーキョーからほど近いこのユニークなサロンは、アワード受賞経験を持つ室内建築家&デザイナー、エマニュエル・シモンが内装を手掛け、日本とフランスという2つの世界を融合させています。 このインスティチュートもブランドと同様、畳や楽焼の棚など、落ち着いた洗練を見せる世界、日本にオマージュを捧げると同時に、フランスの気品あふれる美とエレガンスも湛えています。日本風の美意識とフランス流の洗練の融合は、天然素材、寄木細工の床、木、風合いのある石、ライスペーパー、真鍮などのを用いて中間色で整えた上品なインテリアにも表れています。ディテールに驚くほど気を配ったこのエレガントなスパは、高度なコントラストを見せながらもすっきりとして心休まるインテリアデザインが作り出す空間を誇ります。 寛げる隠れ家のようなサロン、メゾン エヴィドンスドゥボーテは、ブランドの2つの文化を理想的に反映したプライベートな住いを思わせるユニークな楽園です。 明るく広々としたスペースは、サンドペーパー仕上げの木製家具、楽焼の陶芸品、ベルギーのエノー地方産のブルーライムストーン、古色仕上げのメタルによる装飾も施されています。これらの素材のテクスチャーと自然な色調が、ピュアな建築デザインによって美しく引き立てられています。 天然の石を彫刻して作った受付カウンターは、日本庭園を彷彿させます。作り付けのベンチにはライスペーパーのパネルが趣を添えており、両側には、照明具に用いられた日本の陶磁器と真鍮が柔らかな黄金色の光でこの空間に暖かさをもたらします。 トップライトが、流木の幹を照らし、その流木はトリートメントエリアにつながるアーチ型の廊下の中へとお客様を導きます。いくつかの階に分かれていることで、プライバシーを守り静けさをもたらします。ビューティーセレモニーとリチュアルは、優しい照明で水平なラインを美しく演出した木製の間仕切りを備えたトリートメントルームで行われ、アーティスト、ゾルタン・ズサコによるレリーフ3連作を施した天井と畳の床が、私たちを東洋の旅へと誘います。 エマニュエル・シモンとシャルル=エドゥアール・バルトのコラボレーションが大成功を見せるこのメゾン エヴィドンスドゥボーテは、繊細で比類のない感覚の世界を現実のものとしています。

La Maison EviDenS de Beauté カテゴリ内のページリスト:

  • CUSTOMIZED SAMPLES OFFERED CUSTOMIZED SAMPLES OFFERED
  • STANDARD SHIPPING OFFERDED STANDARD SHIPPING OFFERDED
  • STANDARD SHIPPING OFFERDED STANDARD SHIPPING OFFERDED

Menu

Menu

QR code

Create a free account to save loved items.

Sign in

Create a free account to use wishlists.

Sign in